019038

掲示板


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
日月神示 投稿者:中尾公哉 投稿日:2019/11/07(Thu) 11:33 No.852

今までのような大便小便なくいたすぞ。不潔物なくなるのぞ。新しき神の世となるぞ。神神にも見当とれん光の世とするのぞ。

今までの宗教は心を善と申し、肉体を悪と申して、肉体を疎かにしていたが、それが間違いであること合点か。一切が善いのぢゃということ合点か。ヂゴクないこと合点か。悪抱き参らせということ、これで合点か。合点ぢゃなあ。

現代語訳 老子 投稿者:中尾公哉 投稿日:2019/11/07(Thu) 11:22 No.851

24講 学問などやめて、故郷で懐かしい乳母と過ごしていたい(20章)

現代語訳

学問などやめることだ。そうすれば憂いはなくなる。だいたいこの問題の答えが正しいのと間違っているのとで現実にどれだけの違いがあり、文章の美と悪の間にどれだけの相違があるというのか。人は学識を尊重してくれるようにみえるが、こちらも人に遠慮することが多くなる。だいたい学問をやっていてもぼうばくとしてはっきりしないことばかりだ。衆人はききとして、豪勢な饗宴を楽しみ、春に丘の高台に登った気分でさざめいている。私は1人つくねんとして顔を出す気にもなれない。まだ笑い方も知らないえいじのようだ。ああ、疲れた。私の心には帰るところもないのか。みんなは余裕があるが、私だけは貧乏だ。私は自分が愚かなことは知っていたが、つくづく自分でも嫌になった。普通の職業の人はてきぱきとしているのに、私の仕事は、どんよりとしている。彼らは明快に腕を振るうが、私の仕事は煩悶が多い。海のように広がっていく仕事は恍惚として止まるところがない。衆人はみな有為なのに、私だけが頑迷と言われながら田舎住まいを続けている。私は違う。しかし、それでもいい。私はここにいて小さい頃からの乳母を大事にしたいのだ。

保立道久 訳解説
現実語訳老子 ちくま新書 より

囲碁は進んでいる 投稿者:squall 投稿日:2019/09/03(Tue) 01:43 No.848

お久しぶりです、squallです。
ヤフーのニュースで知ったのですが、囲碁では一般棋戦で女流棋士がベスト4まで進んだみたいですね。
また囲碁では10歳で女流棋士になった人もいるみたいですね。
囲碁では男性と女性が一緒になって活躍しているんですね。
将棋では女流棋士はいるのですが、男性と女性は別々に活躍しています。
そういう点では囲碁は進んでいると思いますね。
将棋も女性で強い人はたくさんいるのですが、不思議と女性でプロになった人はまだいないんですよね。
ちなみにここでのプロは4段ということを意味しています。

Re: 囲碁は進んでいる - 義行 2019/09/26(Thu) 01:41 No.849

squall様へ

お返事が遅くなり申し訳ありません。

>ヤフーのニュースで知ったのですが、囲碁では一般棋戦で女流棋士がベスト4まで進んだみたいですね。

はい、最後は決勝まで進み準優勝となりました。
すごいことですね!
これからもどんどん女流棋士が活躍すると思いますよ。

将棋界ではまだ女流棋士は誕生していませんが強い方はたくさんいらっしゃるので近いうちに囲碁と同じように活躍されるのではないでしょうか。
楽しみですね!


Re: 囲碁は進んでいる - squall 2019/10/05(Sat) 22:24 No.850

義行先生、回答ありがとうございます。


詰碁の作り方 投稿者:中尾公哉 投稿日:2019/07/16(Tue) 13:12 No.845

義行先生、いつも質問コーナーではお世話になっております。
大変幸せです。

最近、自分で創作詰碁を作ってみようという気になりました。
林漢傑先生、関山利一先生、河野臨先生、チョウウ先生、趙治勲先生、カク・キュウシン先生、林海峰先生、そのほか偉大な、解いて爽快感のある、素晴らしい傑作詰碁を作ることができるようになったら、どれだけよいか・・・。

中尾は、バカの一つ覚えで、寄付並べだけは得意ですが、詰碁は、解くのはもちろん、作ることなんて、どう逆立ちしてもできません。詰碁は、はっきり言って拒否意識があります。義行先生は、毎日日替わり詰碁をつくっておられますよね。いずれ、退院したら、義行先生オススメの「山田喜三生 読みを鍛える 読みの力が10倍になる 囲碁の筋力トレーニング」も、きちんとして自分で働いた金で、買おうと思っています。
義行先生、詰碁づくりのコツがありましたら、ぜひ教えてください。
たくさんの詰碁に触れて、場数をこなすのが一番でしょうか?

早見えの天才小林覚先生は、詰碁作家ではありません。「上達したければ、詰碁を解きなさい」は、小林覚先生のお言葉です。
また、読みの力「一目、1000手」の、石田秀峰先生も、詰碁作家ではありません。確か、井山先生も、詰碁作家ではなかったような気がします。
義行先生、詰碁を解く力、読む力と、詰碁を作る力は、比例(?)するのでしょうか?

「やさしい詰碁を、正確に。」加藤正夫先生の言葉です。
中尾は、詰碁は、月刊碁学の「ノータイム詰碁360」、「読みを鍛える楽しい実践詰碁」の二冊しかもっておりません。
これと、あとは碁ワールド、NHK囲碁講座の詰碁、これだけで十分すぎると信じています。
ですが、中尾は、どう逆立ちしても、関山利一本因坊クラスの、うつくしい詰碁は、作れません。

中尾のおすすめは、あとは、日本棋院アーカイブ3 「素人(アマ)と玄人(プロ)」影山利郎先生著ですね。
みなさん、自分のイチオシの本を、(できれば実名で笑)ここで語り合いませんか。笑

追伸:中尾の中学の同級生、ヒラボー。笑お久しぶり。元気だった?
また、会いましょうね。友達になってください。!(^^)!

長文、失礼いたしました。
義行先生、詰碁の作り方のコツ、教えてください。

よろしくお願いいたします。

Re: 詰碁の作り方 - 義行 2019/07/21(Sun) 23:12 No.846

こんにちは。
詰碁の作り方のコツはいろいろな先生方のお言葉通りだと思います。
たくさんの詰碁に接しひたすら手筋を覚えるしかないでしょう。

>義行先生、詰碁を解く力、読む力と、詰碁を作る力は、比例(?)するのでしょうか?

はい、そうだと思います。
頑張って下さいね。


Re: 詰碁の作り方 - 中尾公哉 2019/07/31(Wed) 11:41 No.847

ご回答、誠に感謝致します。大変勉強になりました。
今後のきりょくこうじょうの参考とし、努力致します。

有り難うございました。


四万六千日 投稿者:中尾公哉 投稿日:2019/06/07(Fri) 10:57 No.844

四万六千日 名 7月10日の、観世音菩薩の縁日。この日に参詣すると四万六千日参詣したのと同じ功徳があると言われる。東京の浅草寺ではこの日にはほおずき市が立つ。

特技ですか。屁ですね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |

処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -